議政府指令 3号

議政府指令 3号 1906年4月29日

現在まで調査された韓国資料のうちで初めて独島という名称が表記された文書であり、沈興澤郡守の報告を受けた江原道の観察使署理・春川郡守の李明来が当時の最高行政機関である議政府に伝えた文書。

t033.jpg

報告書号外
鬱島郡守沈興澤の報告書に、本郡(鬱島郡)所属の独島が外洋の100里あまり離れた場所にありますが、3月28日午前7~9時頃、1隻の船が鬱島郡の浦にきて停泊し、日本の官吏一行が郡庁を訪れ自ら曰く、「独島が今や日本の領地になった故、視察にやってきた」とし…まず、戸数、人口、土地、生産量について聞き、次に人員や経費がどれくらいかを聞いて諸般の事務を調査するとして記録して去ったので、これに報告しますので、状況をお尋ねになったためこのように報告する旨、ご検討されますようお願い申し上げます。

指令書 3号
来た報告はすべて読んだ。独島が(日本)領土になったとの説は全く根拠がなく、島の状況と日本人がどのように行動したかを再び調査報告する事

  • 最終更新:2014-12-01 12:44:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード