竹島問題の解決方法

竹島は現在、韓国の不法占拠状態が続いています。
解決する方法について、考察します。



1)武力による解決

韓国が占拠している竹島を自衛隊が排除し、竹島の施政権を取り戻す方法です。
この方法は、現実的には実行不可能です。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない。



2)国際司法裁判所による解決

最も平和的に解決する手段の1つではあり、日本政府にとって最も理想的な解決方法です。
現在竹島を占拠している韓国政府が提訴に同意する可能性は限りなく低いと思われます。

国際司法裁判所における裁判は、原則として両当事国の同意による付託、あるいは原告の訴えに対して被告が同意した場合に開始される。

また、歴史的資料、国際法における領有の根拠は日本政府のほうが強く、裁判に入ると日本政府が勝訴する可能性が極めて高い。

1905年の竹島編入以降の日本政府の措置は、まさに国家権能の表示の証拠であり、「国家権能の平穏かつ継続した表示」という権原も認められる。これは近代的な権原である。



3)外交交渉による解決

竹島を外交交渉により解決する手段。
現状、最も可能性のある解決手段であるものの、解決に時間のかかる方法でもあります。

竹島は元々無人島であるものの漁業権や海底資源などがあるため、もし外交により解決されるとすれば何らかの対価と引き換えに竹島を相手国の領土と認めるものと思われます。

韓国内において、「独島」は政府のプロパガンダの象徴であり、国民をコントロールするための手段と化しています。
日本政府としては、竹島を強力な外交カードとして保持し続けることで、韓国政府をコントロールするための手段とする思惑があるものと推測されます。


  • 最終更新:2014-12-08 14:01:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード